2009年10月27日

角田光代

角田光代さんのような感じの、お勧めの恋愛小説を教えて下さい。
角田光代さんのような感じの、お勧めの恋愛小説を教えて下さい。最近、半身浴をするようになって、その時に本を読んでいます。最近までは小学校の読書感想文以外はほとんど本を読んだ事がないです。だから、本の知識はあまりありません。角田光代さんの「対岸の彼女」がたまたま書店で積んであって表紙がキレイだな〜と思って、なんとなく買って読んだのですが面白くて、同じ作者の「だれかの愛しい人」も読んでみました。面白かったです。すらすら読めるのは、私は小説に詳しくないのですが、この作者の書き方?が合っているのかなと思っています。私はベタなのとかありえない展開とかが苦手で、人間関係とか会話とかがリアルで日常でありえそうな会話とか行き違いとかを書いてある角田さんの作品の感じがスキです。そこで、角田光代さんのような雰囲気の小説はありませんか?今の時代の恋愛小説が読みたいです。色んな話が一冊に入っているのより、できれば一つの話を一冊で完結しているのがいいです。切ない話とか、爽やかなキュンとなる話とか、なんか自分の日常と被るような話がいいです。読書の好きな方、良かったら教えて下さい。あと、以前学校の授業で先生が紹介していたビジネス書の何かで読んだのですが、モスバーガーの成功の秘訣、ブックオフの経営の仕組み、ショップ99の成功への道、スターバックスのヒミツ、みたいなシルシルミシルで紹介してあるような経営の裏側の分かる本も読んで面白いなって思ったので、そういう経済?経営?みたいなジャンルで「なるほど〜」って面白いなって思える本もあれば教えて下さい。よろしくお願いします。(続きを読む)



角田光代 | なんとなーく気になる
1990年、「幸福な遊戯」で第9回海燕新人文学賞受賞し角田光代としてデビュー。1996年に『まどろむ夜のUFO』で野間文芸新人賞を受賞したほか、数度芥川賞の候補に挙がった。2005年、『対岸の彼女』で第132回直木三十五賞受賞。 ...(続きを読む)


posted by 相撲ニュース at 13:59| 相撲ニュース